FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

耐震診断の話&会議開催します!

こんにちは!宮﨑です!

さてさて、前回のブログから日数があいてしまいましたが…
耐震診断について書くブログ、第2弾にいきたいと思います!
今日は耐震診断の計算結果について☆

耐震診断の結果、と一言で言ってもどんな結果として得られるのか
わかりづらい部分がありますよね…

耐震診断の計算は、調査で確認した筋交いがどんな寸法のものか
壁の仕様がどんなものなのか、建物の劣化具合、柱接合部の状況など
様々な事柄をふまえて算出されます。

耐震診断の結果は上部構造評点という点数で表されます。
そして、その評点によって建物の耐震性能が表されます。

1.5以上:倒壊しない
1~1.5:一応倒壊しない
0.7~1:倒壊する可能性がある
0.7未満:倒壊する可能性が高い

上記のような判定評価になるため、
建築基準法で定める最低限の耐震強度があるか否かのラインは
評点1を超えるかどうか、ということになってきます。

私たちが今まで見てきた昭和56年以前の建物は
平均しても0.3~0.4になることがほとんどで、
1を超える建物は余程のことがない限り「ない」といっても間違いないです。
まれに、屋根を瓦から軽いものに葺き替えリフォームされた住宅で
平屋だった場合などは1を超える場合もありました。

このような点数を算出するのが耐震診断になります。

今住んでいる家がどのレベルの建物なのか、
知るだけでも耐震に対する第一歩かな…と思います!
ちょっと駆け足で書きましたが、いかがでしょうか。
第3弾では診断の次のステップについて書きたいと思います!

さて!来週は今年度最後の産学連携の会議を行う予定です☆(^◇^)
その様子をまたブログでお伝えできればと思います。
それでは!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ
スポンサーサイト



| 活動状況 | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kidukiproject.blog47.fc2.com/tb.php/169-dbccc11a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT