FC2ブログ

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ご挨拶

キヅキプロジェクトのメンバーの一人、
崇城大学工学部建築学科で教員をしている西郷正浩です。
研究活動や授業を通して、建築を考えています。
研究内容は「建築設計プロセス(=過程)」
①新しいデジタルな道具による、新しい設計プロセスと建築デザイン
②公共建築の設計プロセスおける、住民の方々との協働方法
③住宅設計プロセスにおける、施主の方との協働方法
崇城大学工学部建築学科西郷研究室HP

③の実践として、キヅキプロジェクトに参加しています。

キヅキプロジェクト=<暮らし方に「気付き」、家を「築く」>
でも、どんな暮らし方がしたいか・・・?
考え、思い描くのは難しいことです。
まずは、キヅキメンバーが考えている「暮らし方」に触れて頂き、
「!」=「気付き」をキラメかせて頂ければ、うれしく思います。
そこから、あなたの家の設計プロセスがスタートします。

今回は、私の考える「暮らし方」の一端を簡単にご紹介。

<家=居場所の集合体>・・・・・では、居場所とは?

石人01-s
「ピクニックに出かけている風景を想像して下さい。
山道を楽しく歩いています。
清流の流れと鳥の鳴き声が響きあいます。
お腹がグゥーーとなりました。
みんなで、場所を探します。ここは?あそこは?・・・
シートを広げ、色とりどりのお弁当がシートいっぱいに広がります。」

「親に怒られた時のことを思い出して下さい。
泣きながら、とりあえず、その場から駆け出し、
どこかへ向かう。
誰にも邪魔されない場所、目を閉じて息を整えます。
ウト・・、ウト・・、ウト・・と、
いつの間にか、眠ってしまう。気持ち良く。」

そんな、家族みんなの居場所、家族一人一人の居場所が発見できる暮らし方。
そんな住宅を思い描いています。

7月11日(土)12日(日)の作品発表会では、
「イロイロな居場所 ツナガる居場所」のタイトルで提案しています。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

スポンサーサイト



| キヅキメンバー | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT